某企業内の人事部での体験実習

5月に某企業内体験実習に行ってきた。連続5日間であったが、あっという間に終わった。特例小会社内の人事部にて事務補助的な業務をこなしてきた。

身体障害者であると思われる社員さんも何名かいらしたが、その会社内では障害者の雇用専用に設定された部署ではなく、とてもお忙しい常勤職員さんの中でお手伝い的に業務をさせて頂いた。

他者からは初日あたり緊張がみられたと指摘されたが、自分自身の経験上本当に緊張した時と比べると、ほぼ緊張という緊張なしに、淡々と過ごすことが出来た。穏やかな環境がとても居心地良く、クロスジョブで連日困っている環境音による影響をあまり受けずに、聴覚過敏な私でも集中して作業が出来た。

また、ノイズキャウンセリングが休憩スポットに常時用意されており、お試し使用が出来たことも幸いであった。休憩中装着しているとストレスの軽減に大分効果的であることがわかった。

何よりの収穫は、私は一般の職場で、違和感や困難さを覚えることなく仕事が出来そうだという実感を得られたことだ。人によって職場環境にも向き不向きがある。私自身の適性として、一つの職場モデルを得られたことは、大きな経験知となったと言える。

どら

1